商品検索
image
現在地 HOME > お知らせ
お知らせ
お知らせ 2015/03/19 脱毛症とは?脱毛症の分類
あなたの毛髪は、抜けては生えるというのを決められたサイクルで繰り返しているのです。

いわばこのサイクルを「毛周期」と呼んでいます。

なにかしらのきっかけとなりこの毛周期がアンバランスになり、抜けては生えるというのが正しく行なわれ失われることが起こります。

そうなってしまうと、毛髪は抜けるボリュームが珍しくなくなり新しく生えてこなくなってきてしまいます。

この状況が「脱毛症」ということです。


脱毛症の種類

脱毛症って次のような内容の種類が上げられます。

男性型脱毛症(AGA)
男性に多く推測される症状で、頭頂部や前頭部が薄れてゆく特徴があげられます。
これって男性ホルモンが顕著に関わっていると考えられます。

女性男性型脱毛症(FAGA)
他の呼び方「びまん性脱毛症」とも呼ばれていて、男性型脱毛症(AGA)の女性版なのです。
女性に推測される脱毛症の典型的な症状で、頭髪が総合的に薄くなるわけですが、特に頭頂部が薄くなりがちに地肌が透けて映るものなんです。
これってホルモンバランスのアンバランスや血行障害など幾つもの要因が考えられます。

円形脱毛症
性別・年齢層とは関係なしに発症し、子供さんたちにも多く確認されます。
突如として500円玉くらいのボリュームで脱毛するのが性質で、免疫背疾患がトリガーとなると考えられます。

こういったように脱毛症の種類は原因も症状もまちまちで、女性ならではの脱毛症も存在してます。

とりわけ最近では脱毛症で苦しんでいる女性が目立つようになっていまして、専門のクリニックに通う方も大勢いる次第です。

牽引性脱毛症
ポニーテールなど髪をゴムで縛ることによって毛根がダメージを受け取り、生え際や分け目が薄くなるパターンの脱毛症なんです。
ヘアースタイリングや分け目を切り替えるというのが予防に結び付きます。

分娩後脱毛症
妊娠中から出産した後のホルモンバランスの異常をきたし、子供を産んだ後に抜け毛が珍しくなくなる脱毛症でございます。
一過性のものですから、普通なら時間の経過によって健全になります。

粃糠(ひこう)性脱毛症
毛穴がフケが原因となって塞がれ炎症を引き起こしているために、髪の育成が妨害され発症します。
勘違いのヘアケアが原因とのことです。

脂漏(しろう)性脱毛症
皮脂の分泌異常で頭皮の皮脂が過敏になり、毛穴を閉塞して炎症が始まって、抜けてしまいます。
勘違いのヘアケアやホルモンバランスの異常をきたすのが一番のトリガーになっています。
image
Copyright © 育毛・健康ショップ. all rights reserved. Powered by FC2レンタルカート