商品検索
image
現在地 HOME > お知らせ
お知らせ
お知らせ 2015/04/02 女性の抜け毛・薄毛がもたらされる原因のひとつである、加齢現象に関して
加齢現象が原因の悪化

加齢現象によってボーダーラインや地肌が人目を引く加齢が原因の女性の薄毛。

加齢現象に左右される悪化、薄毛といわれるのは男性しかできないリスクだろうと感じますが、女性であっても年齢を積み重ねてきますと髪の1本1本がやせ細ってきちゃうんです。

全体を通じて髪のボリュームがなくなり、ボーダーラインや地肌が人目を引く、俗にいう「びまん性脱毛症」で苦しんでいる方も多いわけです。

それじゃ、どうして、こういったことが発生するのでしょう。

一番の原因は、加齢現象などによって女性ホルモンが減少させてくれるからなのです。

男性の薄毛が発生する原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに影響を受けるというのが一番で、これらのDHTが増加すると、抜け毛・薄毛が顕著になります。

女性にだって男性ホルモンがなくなることはありませんが、女性ホルモンのほうが多く見られるので、薄毛が生じづらいということなのです。

ということなので加齢現象などによって女性ホルモンが少なくなると、比較的に検証して男性ホルモンのほうがほとんどを占める状態になって、抜け毛や薄毛で苦しんでいる方たちが多くなります。


男性と比較して女性のほうが薄毛は良い方向に持って行きやすい!

ほとんどの人が30代の後半から毛髪が痩せ細ることを感じとって、40歳前後になったら髪が薄れてゆくのを気づくようです。

だけれど、女性のケースでは、薄毛が人目を引くと感じられても、正しいケアをすることにより進行をスローペースにすることが可能です。

身体的な老化現象を遅らせるのでにライフスタイルを改善したり、キチンとしたヘアケアで頭皮を健やかに維持するべきです。

さらに、育毛サロンにおけるケアを実行するなら、初めて薄毛になってしまった方であったとしても、また髪のボリュームを手に入れられます。
image
Copyright © 育毛・健康ショップ. all rights reserved. Powered by FC2レンタルカート